宅配ボックスを設置しよう

ダイヤル式のもの

宅配ボックスで最も普及しているタイプのものがダイヤル式の宅配ボックスです。仕組みとしては、宅配業者さんが宅配ボックスに荷物を入れ、ダイヤルの番号を設定します。そして宅配ボックスを開くための番号が書かれてある配達通知書を郵便ポストに入れます。受取人はその配達通知書に書かれてある番号をダイヤルで回せば、荷物を受け取ることができます。設置がしやすく、電気料金もかからないので比較的手軽に設置しやすいです。
受け取りのサインやハンコなどは、ボックスの中に予めハンコを入れていたり、レシートのようなものが出たりとボックスの種類によって様々です。伝票の書き間違いなどで開けられくなることもありますのでそのような時には落ち着いて対処しましょう。

電気で動くもの

液晶パネル式になっているタイプもあります。このタイプは最近普及がよく進んでいます。こちらは配達員が画面に表示される手順に従って荷物を入れた後に、宅配ボックスに荷物を入れたことを通知する書類を郵便ポストに入れます。受取人は予め決まっている暗証番号やカードキーなどを利用して荷物を受け取ります。何月何日に荷物を入れたのかという記録がデータとして残ることが特徴です。かなりセキュリティ性が高い仕組みになっています。
インターネットに接続できるものもあり、様々なサービスが利用できます。暗証番号式になっている場合は数回間違えると荷物を取り出せなくなるのできちんと覚えておくか、他人に知られないように記録しておきましょう。


この記事をシェアする