宅配ボックスの設置における注意点

設置の際の注意点

宅配ボックスは基本的には設置されていないことが多いです。一戸建ての場合は自由に取り付けることができますが、アパートやマンションの場合は廊下が共同のものであったりするので気を付けましょう。設置する前に管理人に確認しておいた方が良いです。近年は元々の設備として宅配ボックスを取り入れているアパートやマンションも増加しているので、そのような部屋に住むという方法もあります。
設置する場合は宅配ボックスが置けるスペースを確保しましょう。製品によってサイズが異なりますのでどのくらいのスペースを用意しておけば良いのかなどの条件を事前に確認しておきましょう。大きいサイズのものだとゴルフバッグくらいの大きさのものまでは入れることができます。

マンションなどへの設置

管理人の立場からマンションなどに設置する場合、全員分の宅配ボックスを用意しなくても大丈夫です。世帯数の30%から50%程度の数を用意しておけば大丈夫でしょう。多く設置しすぎると膨大なコストがかかってしまいます。分譲マンション向けと明記された宅配ボックスは多く販売してあるので、それらを選択して設置することがお勧めです。分譲マンション向けの機能が充実しているものを利用すれば安全面などを強化することができます。
廊下などに設置する場合、あまりスペースを埋めてしまうと避難通路の妨げになり、消防法の規定に外れてしまう危険性もありますので、通路の広さが十分に取れる設置場所や宅配ボックスのサイズを選択しましょう。


この記事をシェアする